Entries

最初にお読み下さい:このブログの一般方針

皆様の応援待ってます 1日1回の投票を願います!! ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーサイト

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : -
  • トラックバック : -

じゃぁ、北朝鮮にどうするの?(敵基地攻撃論)

さて、先日の「トマホークや空爆は現実的ではない」のコメントで浜の偏屈爺氏より本エントリーに限れば日本はどうすれば現実的戦術対応になるとご主張なのでしょうかという質問があったので、これについて考えてみたい。 これは以前の専守防衛か先制攻撃かというエントリでも論じたが、純粋戦術的に考えれば、つまり物理的に発射を阻止するのであれば、陸上戦力での占領、別の言い方をすれば歩兵の銃剣で地面を穿くり返すというの...

考えられる日本有事の形態(土佐高知氏との議論)

最初に さて、土佐高知氏への回答である。今回は「日本有事」と国民保護条例というエントリへの回答という形になる。 さて、まず土佐高知氏は主に在日米軍への攻撃を以っての開戦という形を想定されているようである。確かに、日米安保が存在し、在日米軍が存在する以上、日本が直接的に巻き込まれる有事というのにはアメリカがほぼ間違いなく関わるである事は間違い無い。しかしながら、それが一義的に米軍の軍事行動によっての...

日本海でのミサイル試験

Sankei Web-防衛庁がミサイル試験 十分な事前通知せずより。 詳しくは記事を参照の事。防衛庁がミサイルの試験をしていたところ、漁船がこれに驚き抗議をしたという。ミサイルは発射していないそうで、フレアの発煙を水柱と誤認して驚いたのではないかとの事である。赤外線画像認識誘導の93式空対艦誘導弾(ASM-2)の試験か訓練だと思われる。 簡単に誘導方式について説明したい。空自で保有しているASMはASM-1とASM-2だが...

精神論で勝てれば誰も苦労しない

さて、先日反論のエントリを書かせてもらった憂国、喝!さんであるが、再度この問題について不毛な論争をするつもりはないというエントリを書かれていたので、これについて述べさせていただく。 あくまでこのブログは軍事問題についてのブログであり、軍ヲタの観点から論じている以上、あまり私は自分自身の事をブログで語りたくない。だが、とりあえず私は生粋の日本人であり、10年近く日本の防衛や軍事問題に取り組んできたし、...

戦略攻撃の問題と日本の防衛

先日書いたエントリ、国民保護法制と本土決戦について土佐高知の雑記帳さんのふたたび国民保護条例についてというエントリにて反論があったので再反論をさせていただく。その前に、まず、お誉めにあずかり光栄であり、謝意を申し上げたい。意見は違えども議論をすればお互いに有益であろうと私は考える。 さて、確かに、強力な空爆が国民に厭戦気分をまん延させる場合があるのは事実である。実際、それは土佐高知氏が挙げられた例...

Appendix

お知らせ

質問 どんなエントリが読みたいか
軍事哲学・思想について
戦術・戦略理論について
日本の国防について
国際情勢について
オタクな話題について
その他

コメント



- アクセス解析 -

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

うしゃこふ

Author:うしゃこふ
アンチ国士様、アンチお花畑の軍事根本主義者。

日本版ポリティカルコンパス
リベラル左派
政治的な右・左度-3.4
経済的な右・左度-5.37

コメント、TBはご自由に。殺伐とした議論歓迎。
ただし、無関係のものは削除します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 政治ブログへ

ブログランキング

ひろがるぶろぐ


うしゃこふも使ってます。

Powered By FC2ブログ
Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

Google PageRank TM

管理者ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。