FC2ブログ

Entries

最初にお読み下さい:このブログの一般方針

皆様の応援待ってます 1日1回の投票を願います!! ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

トラバアンケートに回答してみる

トラバアンケートをやっているとのトラバがあったので、ちょっと参加してみたい 質問:あなたが考える、この先、日本がとるべき国防の方向は? 1.非武装をすすめ、他国から侵略されても抵抗をすべきではない http://clickenquete.com/b/tb.php/Q0000036A1cd89 2.他国から侵攻は防衛しても、攻撃はおこなうべきではない http://clickenquete.com/b/tb.php/Q0000036A29e06 3.専守防衛は現在でも可能なので、現状...

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : 2
  • トラックバック : -

トマホークは確実ではない

さて、北朝鮮に対して反撃能力を保有すべきであるという見解は、確かに抑止という観点からは合理性があるように見える。私も全て同意するわけではないが、それもまた一面である。しかしながら、ミサイルの発射をトマホークのような巡航ミサイルや爆撃で阻止しようという考えは明らかに不可能であると言わなければならない。 北朝鮮がミサイルを発射してから、日本本土に到達するまで約3分!音速で飛んで来るミサイルを撃ち落と...

ランキングが落ちてきた

ここ最近、このブログのランキングが落ちている。アクセス数は増えているのにも関わらず、ここで落ちるのはよくわからない。 さて、このような中では、やはり読者の皆様にウケるエントリを書くべきなのであろうか。しかし、どのようなエントリを読者の皆様が求めているのかわからないのも実情である。とはいえ、読者におもねって中国、韓国、北朝鮮をこき下ろして人気を得るというのは本末転倒である。 とにもかくにも、ランキン...

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : 5
  • トラックバック : -

戦争論再読中

通しては高校時代以来読んでいない(もちろん、必要に応じて一部を再読する事はやっていた)クラウゼヴィッツの戦争論を今さらながらに再読している。まだ、最初の部分だが、やはりクラウゼヴィッツはかなり真理をついている。 クラウゼヴィッツの基本的な部分は、要するに、人を殴り飛ばして言うことを聞かせるのが戦いである、という一言に尽きる。単純だが、やはり真理ではあろうな。と考える。 まだ読んでいない人は読んだ方...

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : 2
  • トラックバック : -

「北朝鮮と戦わない覚悟」のコメントに対してと信条告白

先日執筆した「北朝鮮と戦わない覚悟」というエントリについて何件かコメントがあり議論が進んでいたので、これについて、若干長くなりそうであったので、エントリで回答をさせていただきたい。 北朝鮮と戦う=日本の意志を強要するために北朝鮮に強力行為にのぞむこと 北朝鮮と戦わない=北朝鮮の意志をのむ事 こう定義することにどういう意味があるんですか?どちらも的外れに感じますが、、。北朝鮮に対してあなたはどう対...

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : 6
  • トラックバック : -

戦車とヘリコプター

さて、戦車は攻撃ヘリ、戦闘ヘリに容易に撃破されうる、という意見であるが。確かに、戦車はAHに対して弱い。それは事実である。しかし、かといって戦車が無駄かというとそうではない。 どういう意味か、それはつまりヘリコプターにはヘリコプターの限界があるというゆえである。ヘリコプターの弱点を考えてみよう。まず第一に、ヘリコプターはずっと飛ぶ事が出来ない、また同じ場所に居続ける事が出来ない。別のエントリでも論じ...

北朝鮮と戦わない覚悟

ここ最近、「北朝鮮と戦う」という決断をする方々に「その覚悟はあるのか」という問いかけをしていくエントリを何本か書いてきた。結果、何人かの方から覚悟があるというエントリや、またコメントを頂戴する事が出来た。その意見が合理的か、正しいか、色々な見解はあるにしてもそれ以前の問題として、その選択から生じるリスクやリターン、コストやベネフィット、そういったものを直視し自ら判断していくというのは、それ以前の問...

国民保護法制と本土決戦

土佐高知氏の土佐高知の雑記帳-国民保護条例を嗤うを読んで、意見があったので述べたい。 そして、日本降伏によって実際には実施にうつされなかったが、11月1日に予定されていた九州上陸作戦(オリンピック作戦)は次のようなものだった。 7月28日から10月にかけて、日本全土への空爆と艦砲射撃を加える。 10月23日からは、侵攻部隊と支援艦隊が上陸海岸沖合に進出し、空襲と艦砲射撃で上陸海岸(宮崎海岸と薩...

韓国のドライな反応の一因

当ブログにトラックバックのあった浪人氏のブログで興味深い意見があったので紹介をしたい。  とありますが、これは正しくその通りと思えるもので、航空機による爆撃やミサイルなどのによる遠隔攻撃よりも、歩兵による進軍、攻撃というものに人間は恐怖を覚え、屈服するものであると思えるものです。  そして現状ではまだ、可能性は薄いとは思えるものの、仮に北朝鮮が軍事的行動に出た時、この歩兵による占領行為というも...

反撃するのかねぇ…

「物理的に行いうる事は軍事的にはありえる」我々軍ヲタにとってはまさに金言である。 正直言えば、アメリカの支援があれば、自衛隊は北朝鮮に爆撃することも出来ないことはない。もちろん、単発機のF-2を渡洋爆撃させる無茶や、足がギリギリなF-15で護衛をさせなければならないという限界、自衛隊機のECM能力といった問題は確かにあるが、全く不可能とは言い切れない。もちろん、問題は多く非常に難しいのは事実であるが。 しか...

ロシアは偉大過ぎる

まずは下記のリンクを参照してほしい。 Moscow cadets' boarding school No. 9 ぐぼはぁ!! かわいい!! 萌える!! ロシアサイコー!! なんか、モスクワにある軍幼年学校の写真のようですが、なんというか凄いっすね。日本にもこういうのがあればステキなのに。少女工科学校みたいな感じで。でも、あれか、女性で生徒なんて、なんつうか、凄い派閥になりそうかな。...

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : 0
  • トラックバック : -

闘争の契約(北朝鮮と戦うの?)

ここ数日に渡ってエントリで何度も述べているが、こう北朝鮮相手に威勢のいい事を言う人は多い。特に、今までそんなことを全然考えたこともなかったような人ですら、北朝鮮に対して厳しい対応をするようにと言っている。別にそれはそれで構わないのだが、ただ、再度、本当に覚悟があるのか、改めて軍事理論に照らしながら考えてみたい。 さて、そもそも闘争、つまり広義の戦いにおいては、我と彼という交戦者の間でいかなる原理が...

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : 7
  • トラックバック : -

等幅フォントに変更

このブログのエントリは妙に長文が多い。そこで、等幅フォントの方が読みやすいので等幅フォントに変更した。いわゆる、一般の書籍は等幅で本文を記述する。アルファベットの場合はプロポーショナルの方が良いんだけどね。 書体も本当は明朝がいいんだろうが、スクリーンフォントとして、明朝はあまり読みやすくないと思いサンセリフにて設定してある。 本当なら、約物を半角にしたいのだけど、どうしたら設定出来るんだろう。xm...

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : 0
  • トラックバック : -

専守防衛か先制攻撃か

今回の北朝鮮のミサイル発射に関して、専守防衛よりも、先制攻撃、もしくは反撃の能力を持とうという意見が多い。そこで、これについて分析をしてみたい。 端的に言ってしまえば、核でない限りミサイルや爆撃には決定的な能力はない、というのがまず第一の重要な点である。確かに、ある一点、たとえばレーダーサイト、ミサイル基地、固定的な補給処、指揮所といった目標に対して攻撃をするにはこういったスタンドオフ火力というの...

MC☆あくしずのアンケート

さて、MC☆あくしず Vol.1であるが、巻末のアンケートが物凄かったので紹介をしたい。 Q11 幼なじみにしたい兵器は何ですか? 3人まで教えてください。 MC☆あくしず Vol.1,...

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : 0
  • トラックバック : -

覚悟完了(北朝鮮のミサイル関係)

先日書いたエントリ、ところで、覚悟はあるのかい?(北朝鮮のミサイル関係)について言及があったので、少し書いてみたい。  ご指摘のリスクは当然負うべきリスクなのであり、北鮮は北鮮でリスクを背負っている、その鬩ぎ合いが今だってことですよ。 もっと言えば、自国の領土を掠め取られても、自国民を自国領内から誘拐抑留されてもへらへら笑っていられるような国、黙契を守らない国が共同体として存在し続ける意味がある...

戦闘における時系列と主導権に関して(昔書いた原稿より)

闘争は闘争二者間における不断の相互作用の結果として存在する事をクラウゼヴィッツは戦争論において述べた。クラウゼヴィッツはこの相互作用が極限に至る事を論じたが、しかしながら現実的には極限に至らない場合も多い。ここで、その相互作用における戦術的な一面を切り取り、この時系列における攻撃側と防御側の実際的な行動における変化について主導権というパースペクティブから論じてみたい。 攻撃と防御によって構成される...

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : 0
  • トラックバック : -

ミサイル発射に至る判断の類型

さて、前回のエントリでは情報の少なさからとりあえず考慮の外に置いた軍部の独走により発射が行われたのではないかという説が出てきているようなので、これを含めてどのような理由による発射かを、比較的可能性の低いものを含めて列挙をしてみる。 北朝鮮首脳部の合理的判断による発射 恫喝 交渉の行き詰まりの打破 金融制裁の解除 圧力に屈する事が出来ない為 カスタマー向けのデモンストレーション 国威発揚 北朝...

ところで、覚悟はあるのかい?(北朝鮮のミサイル関係)

あと、一言、書かねばならない事があった。 北朝鮮に攻撃せよ、若しくは強硬な手段に出よ、という方が多いが「覚悟はあるのか?」と私は問いたい。 我々が北朝鮮の事情を酌んでやる必要性は全くないが、我々が彼らを攻撃するということは、彼らをして反撃をする理由になりうる。もっと言えば、現状の日米同盟は北朝鮮にとってリアルな脅威であり、これに対抗するのには合理性がある(何度も言うが、我々は彼らの事情を酌んでやる...

北朝鮮、ジリ貧の中での発射

結局、7発の弾道弾が発射されたようである。色々情報は入ってきているがオフレコなので書けない。あしからず。電話しまくったさ、色々(笑) さて、前回のエントリでも書いたように北朝鮮の行動は不可解に感じられる。なぜ不可解に感じられるのかといえば、それはその行動が非合理的に感じられるからである。ここで、北朝鮮がファビョったからと結論してしまうのは安易に過ぎる結論である。やはり、私は、たとえ北朝鮮と言えど、...

弾道ミサイルとゲリコマと不可解さと

結局、北朝鮮は弾道ミサイルを6発発射し、テポドン2は失敗し、スカッド、ノドンが発射されたようであるが、とりあえず、現状では情報が少なすぎて、また北朝鮮の行動があまりにも不可解すぎて理解できないのでなんとも言えない。また、威勢のいい事を言う人は多いが、実際、我々が手を出すというわけにはなかなかいかないのが現実的な回答ではあろう。 さて、しかし、不可解な行動であるが故にこれからの行動が未知数であるという...

って!! 発射かよ。

というわけで、テポドン騒ぎはディスインフォメーションだったんじゃない? と、書いた直後にミサイル発射のニュースが入ってきて驚く。 ただ、距離から言ってテポドン2ではないという情報も報道されているので、まだまだ分析できる段階ではない。ぱっと見では、この射程だとスカッドかノドンのように思われる。但し、テポドン2だったが失敗したという可能性も拭えない。...

テポドン騒ぎとディスインフォメーション

某所で今回テポドン、あれだけ騒いだけど結局発射されなかった件について、結局日米のディスインフォメーションだったんだろうという事で落ち着く。うーん、まぁ、警戒はしておくべきですが、私も躍らされないようにしないと。...

対戦車兵器だけでは勝てない

さて、戦車は歩兵の対戦車兵器により容易に撃破されうるという意見であるが、これについても確かに一面では正しいものの、これがすぐに戦車が使えないという結論にはならないだろう。 確かに、対戦車兵器は戦車を撃破しうる。第四次中東戦争におけるシナイ半島正面での戦いでは対戦車ミサイルによりイスラエル軍は大打撃を受けた。しかしながら、対戦車兵器による攻撃にはさまざまな制約がつく。 まず、それが車載でない場合は機...

国民の血で購う事

さて、まず、知り合いが2chで書いていた物を転載させて頂く。 393 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/07/02(日) 16:46:47 ID:??? アニメネタに比べると喰い付き悪いですが、空気も読まずに続けておきますか。 えー自衛官20万人の5%と言いますと1万人というわけでして、この殆どが陸になると思われます。 結果、まぁ1個師団が消滅しますね。 と言いますか、現役/即応14.5万では、どだい全土の警備など...

日本版ポリティカルコンパス-リベラル左派

というわけで、先日久しぶりに日本版ポリティカルコンパスをやったので結果を。 政治的な右・左度(保守・リベラル度)-3.4 経済的な右・左度(市場信頼派・政府介入派)-5.37 というわけで、リベラル左派だった。比較的、政治系、しかも軍事関係を扱っているところでは珍しいのかもしれない。...

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : 1
  • トラックバック : -

国内における戦車の作戦機動

さて、国内の道路インフラでは戦車の輸送が不可能である、という意見であるが、これについては基本的には可能であると判断出来る。 まず、良く言われる事であるが橋梁の耐荷重量が足りずに戦車は作戦機動が出来ないという意見がある。これに関しては過積載のトラックが渋滞している橋梁が落ちない事で反証出来るであろう。私は工学が専門ではないし、建築にも素人であるが、少なくとも20トン程度のトラックが3両も走れば戦車の重...

着上陸侵攻の可能性

さて、現在、大規模な着上陸侵攻は想定されない。という意見であるが、これについては...

戦車は必要か-序

これから数回に渡って、日本の陸上防衛力についての検討をしてみたい。 まず最初に戦車の必要性について論じる。ただ、その前に、そもそも日本は戦争をしない、といった戦車の要不要以前の問題については考えないことを明記しておく。また、道路交通法や土地収用等の法的問題についてはこれを解決しているものと想定する。 さて、ここでは、戦車不要論に対する反論という形で論じようと思う。そこで、戦車不要論にどのようなもの...

警察行動と軍と拉致問題と

溶解する日本-笑い話としての天下の暴論・対北鮮侵攻作戦>北鮮は国家ではないぞより。 となれば、いま北鮮と称する地域は一軍閥が支配する無法無主権領域ってことになり、そこに蛮居する無法者集団に誘拐・抑留されている邦人を救出する為に自衛隊を派遣することは警察行動なわけです。  もうここまで来たんだから経済封鎖もなんでもありで、自衛隊派兵でもなんでもやっちゃいましょう。 とりあえず、北朝鮮へ軍隊を派遣す...

Appendix

お知らせ

質問 どんなエントリが読みたいか
軍事哲学・思想について
戦術・戦略理論について
日本の国防について
国際情勢について
オタクな話題について
その他

コメント



- アクセス解析 -

カレンダー

06 ≪│2006/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

うしゃこふ

Author:うしゃこふ
アンチ国士様、アンチお花畑の軍事根本主義者。

日本版ポリティカルコンパス
リベラル左派
政治的な右・左度-3.4
経済的な右・左度-5.37

コメント、TBはご自由に。殺伐とした議論歓迎。
ただし、無関係のものは削除します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 政治ブログへ

ブログランキング

ひろがるぶろぐ


うしゃこふも使ってます。

Powered By FC2ブログ
Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

Google PageRank TM

管理者ページ