Entries

最初にお読み下さい:このブログの一般方針

皆様の応援待ってます 1日1回の投票を願います!! ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : -
  • トラックバック : -

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

投稿されたコメントは二次利用される場合があります。

語りえぬことについては、沈黙しなければならない

昨日のエントリについて、私がブログを書く中でなぜ信条的な部分を排除するような形で論じているかについて簡単に説明したい。

その理由は単純で、それは語りえぬことについては、沈黙しなければならないからである。この言葉は、前期ウィトゲンシュタインの思想の集大成である論理哲学論考の最後の言葉である。この本の内容というか前期ヴィトゲンシュタインの思想をものすごく簡単に言えば、世の中色々な事物があるけど愛とか神とかそういう抽象概念を語っても言葉遊びにしかならないからやめよう、という話であり、だからこそ私はそういう話を極力避けるようにしているのである。

軍事というのは生々しく、基本的には暴力という金の裏打ちがされている。だからこそ、リアリスティックに現実に即して論じる事が出来る。だが、ひとたびここに正義や心という要素を入れると途端にこれは意味がわからなくなる。そこで、これを精神的諸要素という概念を用いて戦闘力という暴力の裏打ちに縫い込んで回収するという作業をするのである。つまり、本来これを言う人が軍事に対してアプリオリな概念として提唱している正義や心の問題を精神的要素という形に矮小化することにより軍事に対してアポステリオリな概念に変換するという事である。

こういう概念の操作をするから彼らをして生理的嫌悪感を憶えるのかもしれない。

スポンサーサイト

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : 0
  • トラックバック : -

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

投稿されたコメントは二次利用される場合があります。

Appendix

お知らせ

質問 どんなエントリが読みたいか
軍事哲学・思想について
戦術・戦略理論について
日本の国防について
国際情勢について
オタクな話題について
その他

コメント



- アクセス解析 -

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

うしゃこふ

Author:うしゃこふ
アンチ国士様、アンチお花畑の軍事根本主義者。

日本版ポリティカルコンパス
リベラル左派
政治的な右・左度-3.4
経済的な右・左度-5.37

コメント、TBはご自由に。殺伐とした議論歓迎。
ただし、無関係のものは削除します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 政治ブログへ

ブログランキング

ひろがるぶろぐ


うしゃこふも使ってます。

Powered By FC2ブログ
Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

Google PageRank TM

管理者ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。