Entries

最初にお読み下さい:このブログの一般方針

皆様の応援待ってます 1日1回の投票を願います!! ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : -
  • トラックバック : -

-件のコメント

[C126] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

投稿されたコメントは二次利用される場合があります。

警戒レベルを上げられないワケ

さて、浪人氏のブログ北、ミサイル駄作、油断大敵で浪人氏が警戒レベルを上げそれを維持するべきであるという議論をされていたが、これについて考えてみたい。

 北朝鮮から遠く離れている米国にとっては、脅威と呼べるものは長距離ミサイルとされているテポドン2号のみなのかも知れませんが、海を隔ててすぐ側にある我が国には、ノドンやスカッドミサイルも十分以上に脅威であり、そしてそれらは稚拙とは言え、十分に実用に足ると言えるものです。

 政府・防衛庁の職責とは、威勢の良い事を口にして国民人気を得る事などでは無く、ありとあらゆるリスクを計算し、それらから国家・国民を守る為に尽力する事であると、いい加減に気付いて頂きたい。

 今のような平和惚けした危機意識のまま進んで行けば、仮に北朝鮮問題を無事解決する事が出来たとしても、日本が早晩、滅亡の危機に瀕する事は避けられぬように感じられるものです。

或る浪人の手記-北、ミサイル駄作、油断大敵より

基本的に、威勢のいい事を言うよりも、リスクを計算してこれに対処することが重要であるという見解は全く同意する。また、我々はアメリカと違って威圧するにせよ抑止するにせよ軍事大国でない日本に能力という意味で楽観できないという事も同意する。しかし、だからこそ警戒レベルの維持が難しいというのも反面の事実であると私は考える。

どういう事か。単純に言えばローテーションの問題である。

海軍について詳しい人ならばすぐに分かると思うが、通常、艦隊は整備、訓練、任務と3~4個の艦隊をローテーションを組んで運用している。つまり、いくらイージス艦が4隻あるからと言って常にこれを日本海に張りつけて警戒するというのは全く不可能である。事実、インド洋での補給支援の際にはローテーションが崩壊しかかったと言われている。また、陸上部隊であっても常に部隊を前線に張りつけて戦闘をさせ続けるという事は不可能である事は事実である。

このように考えると、確かに警戒レベルは上げるべきであるが、これを上げ続けるというのは非常に難しいという事が分かると思う。仮に1年もこの状態を維持すれば部隊は崩壊する可能性すらあり、一度崩壊すればそれを立て直すのには非常に時間がかかる。そして潜在的脅威というのは永久に存在しうるものであると考えれば、安易に部隊を任務に張りつけるというのは出来ない。

悲しいかな、軍隊という組織は行動を起したその瞬間から崩壊への道をゆっくりと歩みはじめる。最も端的な例を挙げればナポレオンのロシア遠征などがあるだろう。これは、警戒という比較的軽い任務ですら程度の差はあれど同様にかかってくる問題である。楽観してはいけないという意味では浪人氏の見解には同意するものの、警戒の維持というのはそれはそれで問題が色々とあるというのも見過ごしてはならない事実である。

スポンサーサイト

1件のコメント

[C126] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

投稿されたコメントは二次利用される場合があります。

Appendix

お知らせ

質問 どんなエントリが読みたいか
軍事哲学・思想について
戦術・戦略理論について
日本の国防について
国際情勢について
オタクな話題について
その他

コメント



- アクセス解析 -

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

うしゃこふ

Author:うしゃこふ
アンチ国士様、アンチお花畑の軍事根本主義者。

日本版ポリティカルコンパス
リベラル左派
政治的な右・左度-3.4
経済的な右・左度-5.37

コメント、TBはご自由に。殺伐とした議論歓迎。
ただし、無関係のものは削除します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 政治ブログへ

ブログランキング

ひろがるぶろぐ


うしゃこふも使ってます。

Powered By FC2ブログ
Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

Google PageRank TM

管理者ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。