Entries

最初にお読み下さい:このブログの一般方針

皆様の応援待ってます 1日1回の投票を願います!! ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : -
  • トラックバック : -

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

投稿されたコメントは二次利用される場合があります。

小さい軍隊 大きい軍隊

ナポレオン以前、絶対戦争以前の理論を読むと、過大な大きさの軍というのは余り好ましくないという記述が多い。このブログのタイトルでも使っている、モーリス・ド・サックスの著書でもこのような指摘をしている。こういった、前近代(近世を含む意味)の軍事思想における戦争の限定性という問題については以前より紹介しているカイヨワの戦争論―われわれの内にひそむ女神ベローナに詳しい。

さて、前近代の軍事思想で過大な兵力の問題点として指摘されている点は2点ある。一つは指揮統制の困難さであり、もう一つは兵站上の問題である。前者については参謀制度と通信の発達が解決しており、後者も大きな兵力が投入可能であれば、兵站に投入する人員を増やせば良いので実質的に解決している。実際、これは第一次世界大戦においての総力戦という形で、概念上の絶対戦争を現出させながら莫大な兵力による消耗戦として解決された。

翻ってみるに、現代の思想的潮流では、逆にむしろ、小さな兵力の軍隊が好ましいというような風潮がある。リデル・ハートも第一次大戦の兵力集中が結果的に大量損耗を産みだし戦果を産み出さなかった点を指摘した上で、単純に、より巨大な兵力を投入するという事の無益を論じ、それにかわって間接アプローチ戦略という過大な兵力無しで戦いに勝つ方法を提起した。私はリデル・ハートの議論はかなり理想主義的であると考えているが、しかし時代的な潮流は、特に西側では過大な兵力を避ける方へと確実に向かっていた。

現代においては、湾岸戦争こそパウエルドクトリンの下に莫大な兵力を投入したが、最近ではアメリカのアフガニスタンでの戦争も、またイラクでの戦争も、大きな兵力の投入を避ける傾向にあると言える。日本においても、自衛隊の削減と少数精鋭化が言われている。もちろん、情報化等により戦闘効率を向上させる事は良いことである。しかしながら、予備を持つ意義、相手に兵力を優越させる意義というのは、主導権の獲得が余裕の問題である、つまり余裕を失うと主導権を無くすと考えると、これらの少数精鋭化は決して良い方策に思えない。また、イラクのような非対称型の戦いでは、多くの小部隊を分散して戦い、それぞれの戦いに個別的に対処していくしか方策がない事が明らかになりつつあり、また日本でも考えられるゲリラ戦の対処の基本も包囲である事を鑑みると安易に兵力を減らす事は問題ではないか、と考える。

とはいえ、このような小さな軍への指向が、絶対戦争以前の限定戦争の概念と共にあるものであると考えると、現代の方向性は思想的には十分に納得できるものではある。確かに、冷戦という究極の絶対戦争である核戦争の危機の下にあった状況から、より小さな戦争への対処が主となった現代においては、前近代の限定戦争との相似が見られるのである。

スポンサーサイト

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : 0
  • トラックバック : -

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

投稿されたコメントは二次利用される場合があります。

Appendix

お知らせ

質問 どんなエントリが読みたいか
軍事哲学・思想について
戦術・戦略理論について
日本の国防について
国際情勢について
オタクな話題について
その他

コメント



- アクセス解析 -

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

うしゃこふ

Author:うしゃこふ
アンチ国士様、アンチお花畑の軍事根本主義者。

日本版ポリティカルコンパス
リベラル左派
政治的な右・左度-3.4
経済的な右・左度-5.37

コメント、TBはご自由に。殺伐とした議論歓迎。
ただし、無関係のものは削除します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 政治ブログへ

ブログランキング

ひろがるぶろぐ


うしゃこふも使ってます。

Powered By FC2ブログ
Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

Google PageRank TM

管理者ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。