Entries

最初にお読み下さい:このブログの一般方針

皆様の応援待ってます 1日1回の投票を願います!! ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : -
  • トラックバック : -

-件のコメント

[C33] Re. 戦車を作れる国

戦車を自国開発する理由。
先ずは、価格面から。
90式 約10億円
M1 約5億円

金額は大体半分程度ですが、此は自国仕様場合の価格であり、輸出モデルだと約11億円。
価格はほぼ変わらないか高い位。
そして、性能面ではうしゃこふさんも言っていますが、オリジナルよりも低性能な物が輸出仕様です。
此処は、少し考えればまあ当然ですね。
自国の技術をそう簡単に外に出す訳がありませんから。
エイブラムスの輸出仕様は装甲が通常の防弾鋼板製で複合装甲でありません。
  • 2006-07-04
  • Strv103
  • URL
  • 編集

[C31] Re. 戦車を作れる国

一番大きい理由は、設計製造技術の保持の為だと考えます。自国で第3世代戦車を作れる国はそう多くありません。一度失ってしまうと、これを取り返すのには大変な年月と努力を要するでしょう。
これに付随する理由としては、自国で製造技術が無い場合、高値をふっかけられる、またはモンキーモデル(劣化モデル)を強要される場合があります。例えば、90式戦車の主砲は独ラインメタルのライセンス品ですが日本製鋼が同等クラスの砲を作れるという事でふっかけられずに済んだそうです。
あと、日本の戦車が高価な理由としては開発費を民間が多く負担しており、その分が上乗せされているという事情もあります。

[C30] 戦車を作れる国

やっぱり日本には戦車は必要なんですね。でも、ちょっと、話がそれますが、なんで、戦車を自国で開発・生産する必要があるんでしょうね?アメリカの戦車を買ったほうが安く上がりそうな気がするんですが…。実戦経験もあるわけですし。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

投稿されたコメントは二次利用される場合があります。

着上陸侵攻の可能性

さて、現在、大規模な着上陸侵攻は想定されない。という意見であるが、これについては以前のエントリでも論じたことがあるが、十分に想定されうる事態であると言える。簡単に理由を述べると、第一に海上、航空戦力は防御に不適であり(戦術的に防御という行動が存在しない)、策源に多くを依存すること(特に航空戦力は空港と管制という固定的設備に極度に依存する)、また稼働率等の問題があるということ(艦艇の場合、保有艦艇の1/4を見れば良いだろう。最大限努力しても1/2程度が限界である)。第二に中国、ロシア、韓国は現在、若しくは近い将来に大規模着上陸を可能とする戦力を醸成する可能性があるということ(ロシアはヨーロッパ方面からの戦力シフトの可能性、中国は近年の予算拡大と戦力の整備、韓国は造船大国である事と巨大な兵力の存在や近年の戦力整備がある)。第三に、これに対応するための戦力の醸成は十年単位の期間が必要であることである。

つまり、少なくとも、大規模着上陸の可能性は未だに無くなってはいないし、また国土防衛、もっと厳密に言うならば某領域で排他的権利を行使しうる状態を維持することは主権国家の要件を満たす上で最も重要な点である事は言うまでもない。もちろん、防衛大綱でも基盤的防衛力の重要性はあげられている。

前:戦車は必要か-序
次:国内における戦車の作戦機動

スポンサーサイト

3件のコメント

[C33] Re. 戦車を作れる国

戦車を自国開発する理由。
先ずは、価格面から。
90式 約10億円
M1 約5億円

金額は大体半分程度ですが、此は自国仕様場合の価格であり、輸出モデルだと約11億円。
価格はほぼ変わらないか高い位。
そして、性能面ではうしゃこふさんも言っていますが、オリジナルよりも低性能な物が輸出仕様です。
此処は、少し考えればまあ当然ですね。
自国の技術をそう簡単に外に出す訳がありませんから。
エイブラムスの輸出仕様は装甲が通常の防弾鋼板製で複合装甲でありません。
  • 2006-07-04
  • Strv103
  • URL
  • 編集

[C31] Re. 戦車を作れる国

一番大きい理由は、設計製造技術の保持の為だと考えます。自国で第3世代戦車を作れる国はそう多くありません。一度失ってしまうと、これを取り返すのには大変な年月と努力を要するでしょう。
これに付随する理由としては、自国で製造技術が無い場合、高値をふっかけられる、またはモンキーモデル(劣化モデル)を強要される場合があります。例えば、90式戦車の主砲は独ラインメタルのライセンス品ですが日本製鋼が同等クラスの砲を作れるという事でふっかけられずに済んだそうです。
あと、日本の戦車が高価な理由としては開発費を民間が多く負担しており、その分が上乗せされているという事情もあります。

[C30] 戦車を作れる国

やっぱり日本には戦車は必要なんですね。でも、ちょっと、話がそれますが、なんで、戦車を自国で開発・生産する必要があるんでしょうね?アメリカの戦車を買ったほうが安く上がりそうな気がするんですが…。実戦経験もあるわけですし。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

投稿されたコメントは二次利用される場合があります。

Appendix

お知らせ

質問 どんなエントリが読みたいか
軍事哲学・思想について
戦術・戦略理論について
日本の国防について
国際情勢について
オタクな話題について
その他

コメント



- アクセス解析 -

カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

うしゃこふ

Author:うしゃこふ
アンチ国士様、アンチお花畑の軍事根本主義者。

日本版ポリティカルコンパス
リベラル左派
政治的な右・左度-3.4
経済的な右・左度-5.37

コメント、TBはご自由に。殺伐とした議論歓迎。
ただし、無関係のものは削除します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 政治ブログへ

ブログランキング

ひろがるぶろぐ


うしゃこふも使ってます。

Powered By FC2ブログ
Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

Google PageRank TM

管理者ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。