Entries

最初にお読み下さい:このブログの一般方針

皆様の応援待ってます 1日1回の投票を願います!! ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : -
  • トラックバック : -

-件のコメント

[C37] 流行り

こう、流行りの、こういう軍隊の実際をみんな見過ごしているのは、やっぱり僕も疑問を感じるわけで。
非常に同感です。

[C34] 贅肉の無いスリムな自衛隊

 また直球で来ましたな(^^;
 少し挑発的に書いたのは反発してもらいたかったからなんですが・・・・・・

 まぁ「贅肉の無いスリムな軍隊」というものが如何なる戦い方をするものか、という事です。
 かかる事態を招来しようとも、政府は知らばっくれ(ホントに知らない、というハナシではありますが)某ニュースキャスターは「またしても軍隊は国民を守らなかった」とコメントするでしょうけどね。

 軍事について情報を発信しようという方々にだけでも、理解してもらいたいものです。
  • 2006-07-05
  • 対潜臼砲
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

投稿されたコメントは二次利用される場合があります。

国民の血で購う事

さて、まず、知り合いが2chで書いていた物を転載させて頂く。

393 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/07/02(日) 16:46:47 ID:???

アニメネタに比べると喰い付き悪いですが、空気も読まずに続けておきますか。

えー自衛官20万人の5%と言いますと1万人というわけでして、この殆どが陸になると思われます。 結果、まぁ1個師団が消滅しますね。 と言いますか、現役/即応14.5万では、どだい全土の警備など不可能なわけです。 その意味するところは、「水際撃滅」の放棄。この場合の「水際」とは比喩です。為念。

というわけで、ただ今のトピックは、重師団への戦力集約です。 蟹様案ですと、3個師団。これを機甲/機械化旅団数個、10個ばかりの軽旅団等で補う構想。 3単位なので、大隊にするとけっこうな数があるようなのですが、軽旅団は2/3がコア部隊ですな。 ぱぱは4個師団中核ですが、まぁ管区の区切り方が違うだけ、というコトになるんじゃないでしょうか。 地方の防衛は放棄。 まぁ鉄道も止めますし道路も避難民のクルマで塞がるでしょうから、そうそう急速には拡散しないでしょう。 警察が検問設けてくれるそうですから、連絡が途絶えた検問所を把握していけば、概略位置も掴めますし。 特戦群や空挺、軽装甲普通科による捜索攻撃が主たる対処手段になりますね。 戦域を封鎖するだけの頭数は有りませんので、逆にいくつか孤島状に安全地帯を設けるコトになるでしょうが、 避難する方々は自力でそこまで辿り付いてもらわないとイケマセンね。 逃げ遅れた方々は真に御気の毒ですが、逃げ遅れてもらわないと困るんですよね・・・・・・

という黒い話をしてました。(本職の方々が去られた後で) まぁ政府から趣味誌の記者、某アニメ監督に至る方々のリクエストですから、陸自も応えちゃって好いでしょう。

さて、上のハナシ。言っておきますが、本格的着上陸侵攻のハナシではありません。 着上陸侵攻対処の方が、少数精鋭は成立ち易いのです。抑止も効き易いですからね。

2ch-長文論説/妄想自主規制スレ19 8より

実際問題、これだけ減らされると、色々と犠牲にする物が出てくる。こうなってくると、隊員の命だけでは購えない。ゆえに、このような見解が現実性を持ってくる。

このレスについて、もっと踏み込んで言ってしまうと、避難民の前で、若しくは避難民を巻き込んで拒否行動(要は橋やトンネルを吹飛ばす事)をしたり、またガソリンスタンドや倉庫を破壊するなんて事もせざるを得ないだろう。別に、私は、それでも構わない。それが国民の選択であるならば、それは正しいのだ。

指揮官は自らの命令について、その一切の責任を負う。これが、命令の絶対性の担保のもっとも大きな理由であると私は考える。そうであるならば、本来的に最高指揮官たる国民は、自らの血でそれを購わねばならないだろう。それが、あなたたち国民の選択なのだから…

スポンサーサイト

2件のコメント

[C37] 流行り

こう、流行りの、こういう軍隊の実際をみんな見過ごしているのは、やっぱり僕も疑問を感じるわけで。
非常に同感です。

[C34] 贅肉の無いスリムな自衛隊

 また直球で来ましたな(^^;
 少し挑発的に書いたのは反発してもらいたかったからなんですが・・・・・・

 まぁ「贅肉の無いスリムな軍隊」というものが如何なる戦い方をするものか、という事です。
 かかる事態を招来しようとも、政府は知らばっくれ(ホントに知らない、というハナシではありますが)某ニュースキャスターは「またしても軍隊は国民を守らなかった」とコメントするでしょうけどね。

 軍事について情報を発信しようという方々にだけでも、理解してもらいたいものです。
  • 2006-07-05
  • 対潜臼砲
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

投稿されたコメントは二次利用される場合があります。

Appendix

お知らせ

質問 どんなエントリが読みたいか
軍事哲学・思想について
戦術・戦略理論について
日本の国防について
国際情勢について
オタクな話題について
その他

コメント



- アクセス解析 -

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

うしゃこふ

Author:うしゃこふ
アンチ国士様、アンチお花畑の軍事根本主義者。

日本版ポリティカルコンパス
リベラル左派
政治的な右・左度-3.4
経済的な右・左度-5.37

コメント、TBはご自由に。殺伐とした議論歓迎。
ただし、無関係のものは削除します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 政治ブログへ

ブログランキング

ひろがるぶろぐ


うしゃこふも使ってます。

Powered By FC2ブログ
Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

Google PageRank TM

管理者ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。