Entries

最初にお読み下さい:このブログの一般方針

皆様の応援待ってます 1日1回の投票を願います!! ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : -
  • トラックバック : -

-件のコメント

[C55] よく分からない国

ミサイル発射問題について、北朝鮮が何故ミサイルを撃ったのか、その理由については大体うしゃこふさんが挙げる通りの可能性があると思います。

とりあえず挙げられた可能性について私としては、

・圧力に屈することが出来ない為
・交渉の行き詰まりの打破
・北朝鮮軍部の暴走

が特にありそうだと思います。


軍部の暴走はテレビでも言われていますね。

金正日の威信が低下している為、というものと、軍部が自らの発言力、もしくは勢力を強める狙いがあるという感じで。

もし軍部の暴走だとしたら、戦前の日本陸軍の様に見えなくもないですね。


今回のミサイル発射で北朝鮮に利することが、ミサイル製造技術の向上以外に利するところがない以上は、軍部暴走説も可能性としては多いにありますし、単に首脳部が錯乱してやった、と取れなくも無いですね。


「敵は常に賢明な判断をする」

普通でしたらそう考えるのが妥当だと思います。
北朝鮮も色々な計算と、それに基づく判断をしているようにも見えますが、拉致問題に関してすぐに分かるような嘘や矛盾が数多くあり、非難の嵐がやってくることが分かっているはずなのに発射を行ったなど、北朝鮮は賢明な判断をしているようには見えません。

そうなると、次に何をやらかすか、常識の範疇では分からないということになり、手が付けられません。



個人的考えではありますが、手っ取り早く北朝鮮にクーデターが起こって、この独裁国家が崩壊すれば一挙に問題が解決するのではないかと以前から思っています。
その際にどんな問題が巻き起こるか、予測できないほど出てきそうですが。
  • 2006-07-11
  • 黒いチューリップ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

投稿されたコメントは二次利用される場合があります。

ミサイル発射に至る判断の類型

さて、前回のエントリでは情報の少なさからとりあえず考慮の外に置いた軍部の独走により発射が行われたのではないかという説が出てきているようなので、これを含めてどのような理由による発射かを、比較的可能性の低いものを含めて列挙をしてみる。

  • 北朝鮮首脳部の合理的判断による発射
    • 恫喝
    • 交渉の行き詰まりの打破
    • 金融制裁の解除
    • 圧力に屈する事が出来ない為
    • カスタマー向けのデモンストレーション
    • 国威発揚
  • 北朝鮮首脳部の錯乱
  • 北朝鮮軍部の暴走
    • 金正日体制の打破
    • 金正日の意志の深読み
    • 勲功争い

ざっと、今考えた限り、上記のような形に類型化できるのではないだろうか。とはいえ、まだ情報が少なすぎてなんとも判断出来ない。また、合理的判断についてはある程度推測ができるものの、軍部の暴走については北朝鮮軍内部の派閥や人事その他の事情に明るくないので私ではなんとも語れない。まだまだ様子見の感じは強い。

あと、やはり、私のような軍ヲタや軍事に関係する、携わる人間というのは、半ば強迫観念的に「敵は常に賢明な判断をする」という信念を持っている場合が多い。これは注意すべき点かもしれない。

スポンサーサイト

1件のコメント

[C55] よく分からない国

ミサイル発射問題について、北朝鮮が何故ミサイルを撃ったのか、その理由については大体うしゃこふさんが挙げる通りの可能性があると思います。

とりあえず挙げられた可能性について私としては、

・圧力に屈することが出来ない為
・交渉の行き詰まりの打破
・北朝鮮軍部の暴走

が特にありそうだと思います。


軍部の暴走はテレビでも言われていますね。

金正日の威信が低下している為、というものと、軍部が自らの発言力、もしくは勢力を強める狙いがあるという感じで。

もし軍部の暴走だとしたら、戦前の日本陸軍の様に見えなくもないですね。


今回のミサイル発射で北朝鮮に利することが、ミサイル製造技術の向上以外に利するところがない以上は、軍部暴走説も可能性としては多いにありますし、単に首脳部が錯乱してやった、と取れなくも無いですね。


「敵は常に賢明な判断をする」

普通でしたらそう考えるのが妥当だと思います。
北朝鮮も色々な計算と、それに基づく判断をしているようにも見えますが、拉致問題に関してすぐに分かるような嘘や矛盾が数多くあり、非難の嵐がやってくることが分かっているはずなのに発射を行ったなど、北朝鮮は賢明な判断をしているようには見えません。

そうなると、次に何をやらかすか、常識の範疇では分からないということになり、手が付けられません。



個人的考えではありますが、手っ取り早く北朝鮮にクーデターが起こって、この独裁国家が崩壊すれば一挙に問題が解決するのではないかと以前から思っています。
その際にどんな問題が巻き起こるか、予測できないほど出てきそうですが。
  • 2006-07-11
  • 黒いチューリップ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

投稿されたコメントは二次利用される場合があります。

Appendix

お知らせ

質問 どんなエントリが読みたいか
軍事哲学・思想について
戦術・戦略理論について
日本の国防について
国際情勢について
オタクな話題について
その他

コメント



- アクセス解析 -

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

うしゃこふ

Author:うしゃこふ
アンチ国士様、アンチお花畑の軍事根本主義者。

日本版ポリティカルコンパス
リベラル左派
政治的な右・左度-3.4
経済的な右・左度-5.37

コメント、TBはご自由に。殺伐とした議論歓迎。
ただし、無関係のものは削除します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 政治ブログへ

ブログランキング

ひろがるぶろぐ


うしゃこふも使ってます。

Powered By FC2ブログ
Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

Google PageRank TM

管理者ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。