Entries

最初にお読み下さい:このブログの一般方針

皆様の応援待ってます 1日1回の投票を願います!! ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : -
  • トラックバック : -

-件のコメント

[C53]

やるならば、徹底的にやらなければならない。真理であります。しかし、そのコストは膨大であるというのも真理です。
何にせよ、その覚悟をもってことに臨むのは最も重要でありましょう。

[C51] 我が意志の強要

 問題は「相手の戦闘意欲を喪失させる程の徹底的な手段」が、如何なるモノであるか、というコトです。
 そういうコトを言ってるヒトに限って、軍事を知りません。
  • 2006-07-10
  • 対潜臼砲
  • URL
  • 編集

[C48]

やるなら徹底的にやって相手の戦闘意欲を喪失させるまでやらなければならないでしょう。ただ、北朝鮮がパレスチナやイラクのテロリストのように、テロに走る可能性は大きいので、その覚悟ももって戦争をはじめないと大変なことになると思います。

いまは、まずミサイルを迎撃できるミサイル防衛システムに力を入れるときではないでしょうか。

[C47] やってやれないことはない

物理的にはやってやれないことはないですからねぇ。
物理的にできることはありえる。軍事的考えですね。

でも、単発機で渡洋爆撃とは凄いよなぁ。

[C46]

 ただ、報復攻撃となれば、また別ですけどね。
 F-2とF-15のストライク・パッケージが投入されるコトになるでしょう。
 ・・・というと、軍ヲタはスペックだけで云々と言われそうですが(以下略)
  • 2006-07-10
  • 対潜臼砲
  • URL
  • 編集

[C45] そうそう

そうなんですよね。結果はどっちにあるにせよ、とにかく冷静に、換言すれば冷徹に判断していく必要があると私は考えます。つまり、それは、コスト的にペイするかって話で(笑)

騒ぐ人たちのアレっぷりには全く同意します。

[C44]

 まっぴらゴメンよ、と言わざるを得ないですな。戦争より効果的な手段があるが故に、というコトです。
 そんな根性で軍ヲタやってんのか?とか言われるかも知れませんが、私は日本にとっての軍事力というモノは、日本が"軍事的対決"という、「最もペイしない手段を拒絶する」為に存在すると考えてます。
 だからこそハリボテであってはならないのですがね。

 まぁ騒ぐ人達に限って、軍事は科学、という認識が無いですな。
 ヤって目標を達成出来るんかどうか、というコトだけが、我々にとっての問題なワケですよね。
  • 2006-07-09
  • 対潜臼砲
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

投稿されたコメントは二次利用される場合があります。

闘争の契約(北朝鮮と戦うの?)

ここ数日に渡ってエントリで何度も述べているが、こう北朝鮮相手に威勢のいい事を言う人は多い。特に、今までそんなことを全然考えたこともなかったような人ですら、北朝鮮に対して厳しい対応をするようにと言っている。別にそれはそれで構わないのだが、ただ、再度、本当に覚悟があるのか、改めて軍事理論に照らしながら考えてみたい。

さて、そもそも闘争、つまり広義の戦いにおいては、我と彼という交戦者の間でいかなる原理が存在するのだろうか。戦うという行為の背景にはいかなる原理が横たわっているのか。これを知らなければならない。戦う者であろうとするならば、この原理に身を置かなければならない。

さて、ここで一冊の漫画のセリフを引用しよう。

鉄火を以って 闘争を始める者に 人間も非人間も あるものか
彼らは来た!! 殺し 打ち倒し 朽ち果てさせるために 殺されに 打ち倒されに 朽ち果てされるために それが全て!!全てだ!! 闘争の 契約だ!! 彼らは自らの 弱いカードに みずからの全てを賭けた!! そういう事だ!!
殺さなければならない!!
それを違える 事はできない 誰にもできない 唯一ツの理だ
神も 悪魔も 私も おまえも

平野耕太,HELLSING 3 (3),少年画報社,pp.79

このセリフは戦いの原理を端的に示している。いかなる原理か、単純に言えばそれは、相手を殺し、打ち倒す為には、相手に対して同等の権利を与えなければならないという事である。

英語に於いては交戦をengagementという。婚約も同じ言葉であり、その本来的な意味は約束、契約、取り決めといった意味である。つまり、戦うという事は、ある相手と闘争を行うという事は、この契約、つまり殺し合いをするという契約を取り交わす事に他ならない。

戦いという、言わば人間にとって根本的な強制力を有する暴力の行使にあっては、我々が服している法律も伝統も道徳も、基本的には意味を為さない。もちろん、口で相手の行為を汚いと罵る事は出来るが、そのような口先だけの言葉は暴力という現実の前には全くの無力であり意味を為さない。それゆえに、そこで意味を為すのはただただ単純な暴力そのものである。よって何を言おうと闘争の中では相手の暴力を止めるのは我の暴力しかないし、我の暴力を止めるのは彼の暴力しかない。

ここで、もう一つ、重要な原理を紹介しよう。

戦争は一種の強力行為である、そしてかかる強力行使には限界が存しない。それだから交戦者のいずれもが自己の意志をいわば掟として相手に強要するのである。そこで彼我の間に交互作用が生じ、この交互作用は、理論的に言えば、極度に達せざるをえないのである。

クラウゼヴィッツ著,篠田英雄訳,戦争論〈上〉,岩波文庫,pp.32

クラウゼヴィッツは、理論的上は戦いというものは理論上は極限にまで達する、つまり、ただの殴り合いは相手を完全に血祭りに上げるまでお互いに力を増していくという事を指摘している。もちろん、クラウゼヴィッツはこの後に現実的な修正をしているが、原理的には無限の交互作用というのが存在する。

上述の二つの点をまとめると、第一に戦いは交戦者双方に相手を殺す権利と殺される義務を課す、第二に戦いは無限に強度を増す、という原理が明らかになる。そこで私は、これを読んでいる人に問う。

私は問う。北朝鮮と戦うというならば、あなたがたは彼らに攻撃され死に苦しむ事を認めるのか? 闘争の原理を甘んじて受け入れ暴力の応酬により決着をつける事に異存は無いか? その暴力を無限の強度で、我々の持つ総ての手段を以って、また彼らの持つ全ての手段を受け入れて、それで絶対的な戦いを繰り広げる覚悟はあるのか?

私は構わない。暴力という絶望の深淵を覗き込み、そして狂気に囚われた私にはもはやあなたがたを断罪する資格はない。ただ、本気でその覚悟があるのかだけを問いたいのだ。

スポンサーサイト

     ランキング参加中 1日1回の投票をお願いします!!
     ブログランキング  にほんブログ村 政治ブログへ

  • コメント : 7
  • トラックバック : -

7件のコメント

[C53]

やるならば、徹底的にやらなければならない。真理であります。しかし、そのコストは膨大であるというのも真理です。
何にせよ、その覚悟をもってことに臨むのは最も重要でありましょう。

[C51] 我が意志の強要

 問題は「相手の戦闘意欲を喪失させる程の徹底的な手段」が、如何なるモノであるか、というコトです。
 そういうコトを言ってるヒトに限って、軍事を知りません。
  • 2006-07-10
  • 対潜臼砲
  • URL
  • 編集

[C48]

やるなら徹底的にやって相手の戦闘意欲を喪失させるまでやらなければならないでしょう。ただ、北朝鮮がパレスチナやイラクのテロリストのように、テロに走る可能性は大きいので、その覚悟ももって戦争をはじめないと大変なことになると思います。

いまは、まずミサイルを迎撃できるミサイル防衛システムに力を入れるときではないでしょうか。

[C47] やってやれないことはない

物理的にはやってやれないことはないですからねぇ。
物理的にできることはありえる。軍事的考えですね。

でも、単発機で渡洋爆撃とは凄いよなぁ。

[C46]

 ただ、報復攻撃となれば、また別ですけどね。
 F-2とF-15のストライク・パッケージが投入されるコトになるでしょう。
 ・・・というと、軍ヲタはスペックだけで云々と言われそうですが(以下略)
  • 2006-07-10
  • 対潜臼砲
  • URL
  • 編集

[C45] そうそう

そうなんですよね。結果はどっちにあるにせよ、とにかく冷静に、換言すれば冷徹に判断していく必要があると私は考えます。つまり、それは、コスト的にペイするかって話で(笑)

騒ぐ人たちのアレっぷりには全く同意します。

[C44]

 まっぴらゴメンよ、と言わざるを得ないですな。戦争より効果的な手段があるが故に、というコトです。
 そんな根性で軍ヲタやってんのか?とか言われるかも知れませんが、私は日本にとっての軍事力というモノは、日本が"軍事的対決"という、「最もペイしない手段を拒絶する」為に存在すると考えてます。
 だからこそハリボテであってはならないのですがね。

 まぁ騒ぐ人達に限って、軍事は科学、という認識が無いですな。
 ヤって目標を達成出来るんかどうか、というコトだけが、我々にとっての問題なワケですよね。
  • 2006-07-09
  • 対潜臼砲
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

投稿されたコメントは二次利用される場合があります。

Appendix

お知らせ

質問 どんなエントリが読みたいか
軍事哲学・思想について
戦術・戦略理論について
日本の国防について
国際情勢について
オタクな話題について
その他

コメント



- アクセス解析 -

カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

うしゃこふ

Author:うしゃこふ
アンチ国士様、アンチお花畑の軍事根本主義者。

日本版ポリティカルコンパス
リベラル左派
政治的な右・左度-3.4
経済的な右・左度-5.37

コメント、TBはご自由に。殺伐とした議論歓迎。
ただし、無関係のものは削除します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 政治ブログへ

ブログランキング

ひろがるぶろぐ


うしゃこふも使ってます。

Powered By FC2ブログ
Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

Google PageRank TM

管理者ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。